自分に合った良いギターの選び方 3つのツボ

自分に合った良いギターの選び方 3つのツボ

ギター弾きにとって、これから自分の相棒となってくれる良いギターと出会い購入することは、それだけで大冒険です。

見た目や色が好みだ、とか

憧れのギタリストが使用している、

といった手がかりは実は結構大切で、僕なんかも今もそれを出発点にして選んでいます。

ただ重要なチェックポイントがいくつかありますのでそれをご紹介します。よろしければ参考になさってください。

1.弾きやすいギターを選ぶ

→構えた時のバランスを確認する。

実際に自分がステージや練習をすることを想定して構えてみます。

ギターがちゃんと体にフィットしますか?違和感があるものは避けましょう。

弦高を確認し低めにセッティングしてもらう。

店頭品は弦高が高いことが多いです。(慣れていないと弦を押さえにくい)

エレキギターなら1弦側12フレット上で1.2mmくらい、6弦側で1.7mmくらいが好き。

低くセッティングした状態でチョーキングなどをして音つまりがある個体は選ばない。

→ナット(ヘッド側の弦が載っているマクラの部分)も確認する。

ナットの高さは特にローポジションの弾きやすさに直結します。

個人的にはゼロフレットが打ってあると想定してその高さくらいが好き。テンションや音色のハリなどは他で稼ぐ。店員さんは大抵低くすることを嫌がります。

→ネックのスケール(弦長)を確認する。

特に手の小さい人にとっては各フレット間の幅は弾きやすさに直結します。

ギブソンはミディアムスケール。

フェンダーは基本的にロングスケール。フェンダーにもショートスケールのギターもあります。

音も違うのでその辺も考慮して色々と弾いてみましょう。ロングに慣れておくと便利です。

→ネックシェイプを確認する。

手の小さな人に太いネックは握りにくいかもしれません。

ただ、音質にも直結するところなのでバランスを見ましょう。ネックが薄ければ弾きやすい訳でもありません。

→指板の幅を確認する。

弾きやすさに直結します。

弾きやすさに直結。指板の幅は、握りこむ人は狭い方が楽。

でもその代わり指が窮屈な可能性も・・・。

とにかくたくさん弾いてみることです。

→指板のアールを確認する。

ギターのフィンガーボード(指板)は丸太(円錐の場合も)の一部のように丸くなっています。

オールドフェンダーは特に丸く、握り心地は良いのですが、ベンド(チョーキング)しづらいという側面も。

184R とか 300R といった数値で表し、数値が大きい=指板の丸みが少ない です。

ローポジションは丸みが強く、ハイポジションは平らに近くなるというアールはコンパウンドラディアスと呼ばれます。

リードもリズムもバランスが良いと思うのは、個人的には 300R 。

→フレットを確認する。

こちらも好みです。

フレットが高いor低い、幅広or狭い、最近では摩耗の極端に少ないステンレス製なども増えています。フレーズやコードを弾いてみて確認します。

2.強靭なギターを選ぶ

→ネックの剛性を確認する。

6弦の開放弦を強めに弾いてみて、ピッチの安定性を確認。

急にピッチか上ずるものは避けたほうがいいです。

最近の、特にマホガニーのネックは柔らかいものが多く、そんな柔らかいネックは意外といい味の音を出したりもします。注意が必要。

個人的にはネックは強靭でないと、と思います。

→ブリッジやペグ(マシンヘッド)の精度を確認する。

弦の張り方にもよりますが、チューニングの安定性で推し量ります。

→ネックジョイントを確認する。

フェンダー系のギターのネックはボルトでボディーにねじ止めされています。遊びがないものを選びましょう。

→トラスロッドを確認する。

ネックのソリを調整するするための棒がネックにはズドンと納まっています。それをネジのように回してネックのソリを調整します。ギブソンなど、見て確認できるものは見せてもらいましょう。

ボルトの頭からネジがたくさん出ているものは避ける。それはすでに締めまくったということ。つまりネックの順反りを散々直してきた過去があるということです。

新品なら店員さんに念のためトラスロッドはどうかと尋ねること。

→ソリとネジレを確認します。

トラスロッドとも関連しますが、多少のソリは調整可能。

ネジレがほんの少しでもあればダメです。楽器を床に立てた状態でヘッド側から片目で覗き込むようにすれば確認できます。

3.音の良いギターを選ぶ

→高音がしっかりと出ている。

その気になれば耳が痛いほどの高音がしっかり出ていることは大切です。高音は失われやすい成分です。減らすことはできますが足すことはできません。

→低音に締まりがある。

鳴ってはいるが落ち着きがある低音、クリアな低音の楽器が良い楽器です。

ボアーッと滲むような低音(ブーミーな低音)はセッティングや弾き方ではどうにもならないほどに扱いにくいです。

ブーミーな楽器は一見迫力があるので騙されないように。

ギター選びのツボまとめ

1.弾きやすいギターを選ぶ

2.強靭なギターを選ぶ

3.音の良いギターを選ぶ

とりあえず、こんな感じでしょうか。恐れずたくさんの数の楽器を弾いてみて、出来れば上手な人と一緒に何本も試すことが大切です。

アコギなんかはペグポストに弦を何周巻きつけるのか、弦の銘柄は何か、といった要素でガラリと個性が変化するので、特に注意が必要です。

おすすめの関連記事